頻繁に歯科検診へ行った方が良い

>

虫歯になっていないかチェックしよう

早いペースで行こう

いつまでも綺麗な歯を維持したいと考えている人は、歯科検診へ3か月に1回のペースで行くのが良いと言われています。
1回歯科検診を受けて問題がないと、そのままずっと行かなくなってしまう人が見られます。
しかし突然歯に異変が見られることもあるので、歯科検診に行くことをやめないでください。
3か月に1回のペースで行っていれば、わずかな異変が起こっている段階で治療できます。

まだ病気になって間もないころは、自分で気づくのが非常に難しいです。
専門的な知識を持っている歯科医に口内をチェックしてもらえば、小さな異変でも気づいてくれるでしょう。
検診だけなら、15分ぐらいで済みます。
長い時間を確保しなくても良いので、積極的に行きましょう。

歯磨きの仕方を勉強しよう

正しい歯磨きの方法を理解している人は、意外と少ないです。
適当に磨いている人が多いのではないでしょうか。
歯の病気になる主な理由は、綺麗に磨けていないからです。
歯垢や歯石が溜まり、バイ菌が繁殖することで虫歯になります。
綺麗に歯を磨くことができれば、虫歯の予防になるので覚えてください。
歯科検診で、歯を綺麗に磨けているか調べてもらいましょう。

歯科医なら見ただけで、すぐにわかります。
もし磨けていなかったら、歯石などを取ってもらってから正しい方法を教わってください。
歯を1本ずつ、丁寧に磨くのが良いと言われます。
鏡を使って、歯を見ながら磨くとやりやすいです。
1分から15分ぐらいの時間を掛けて、隅々まで綺麗にしてください。


この記事をシェアする